ITマーケティングコンサルタント・藤田ひろしのサイト

https化(Webサイト常時SSL化)作業代行サービス

Googleによる正式発表
Googleが、2017年10月リリース予定のChrome 62において、セキュリティ対策されていないHTTP接続で表示されたフォームなどの入力欄のあるページと、同じくシークレットモードですべてのウェブページには、「安全ではない」と表示することを発表しました。

お客様の声

飛田さん
僕と奥さんのサイトをまとめてやってもらいしました。ビックリするぐらい早く終わりました。httpsなんて知らなかったので教えてもらえてラッキーでした。

それよりずっと前の正式発表

Googleが検索順位に「httpsサイトを優遇する」という衝撃とも言える発表したのは、今らから3年前である2014年8月です。

そして、ここ数ヶ月でIT業界の様子が急激に動いている気配があります。

分かりやすい動きとしてはは、廉価版のレンタルサーバー会社が無料SSLを提供し始めたことです。

エックスサーバー、ロリポップレンタルサーバー、バリュードメインなどの廉価なレンタルサーバーの代表と言える業者が無料SSLを提供しています。

今までは、SSL対応は当然のように有料だったのに無料になってしまったのです。

それが無料になったというのはどういうことなのか?

私の読みとしては、これは「今後は全てのサイトでSSLが必須になるから早めにサービス料金に含めて無料にしてしまえ」ということだと思います。

つまり、今後はSSLは常識になるというメッセージです。

そして、IT業界としての最も分かりやすい動きがあります。

それは、GoogleのWebブラウザであるChromeの変化です。

こちらは、10月を待つまでもなく既にセキュリティ対策されていないページには表示で悪影響が出ています。

すでに未対応サイトには警告が表示されるようになっている

ご存じでしたか?

GoogleのブラウザであるChromeを使うと、現時点(2017年8月28日)でも既にすべての未対応サイトには、アドレスバーに丸に「i」アイコンが表示れます。

更に、入力フォームを持つページの場合は、以下のような警告が表示されるようになっています。

こんな表示をされてしまったら売上に悪い影響が出るとは思いませんか?

サイトオーナー(あなた)が早急にやらなければならないこととは?

  1. サイトのhttps化(SSL化)
  2. 301リダイレクト設定(「.htaccess」ファイルの編集)

例えば、エックスサーバーやロリポップレンタルサーバーをお使いでしたら、管理画面からSSLの設定を行います。(無料です。)

そして、WordPressのデータベースの中にある「http://」という文字の記述を全て「https://」に書き換えます。

さらに、テーマファイルなどに含まれる「http://」の記述なども全て書き換えて、その後にチェックサイトを使って完全にSSL化されたことを確認します。

チェックサービスを提供してくれているのは、こういったサイトです。

次に、今までのリンクをすべてリダイレクト(自動転送)させる設定が必要です。

なぜなら、これまで積み上げてきた検索順位に悪影響がでないようにするためです。

SEOでの常識である301リダイレクトという作業です。

具体的には、「.htaccess」ファイルというファイルを編集します。

 

ざっとご説明するとこんな感じです。

ご自身で作業できそうな方は、すぐこのページを閉じてもらってご自身で作業に着手してください。

ただ、以上を読んでもらえば分かると思いますが、PCが苦手な方の場合には、なかなかハードルの高い作業になります。

データベースの中の文字列を置換するなんてかなり危険な作業です。

また、「.htaccess」の書き換えもハードルが高いですし、何よりも文字コードでハマるとかなり時間を食います。

そこで、そんな方のためにこの作業を私の方で代行させて頂くサービスを作りました。

SSL化をご依頼頂くことでお客様がお受け取りになれることとは?

正確かつ完全にSSL化されます

実は、単なるSSL化作業は、レンタルサーバーの管理画面を使えば誰でも2クリック程度で作業することができます。

PCが超苦手な方でも楽勝に作業できるレベルです。

ただ問題は、サイト内のページにあるリンクにSSL化されていない以前リンクが残ってしまうことです。

当方で提供するサービスでは、この古いリンクを正確かつ完全に新しいリンクに置き換えます。

そして、すでにご紹介している以下の様なツールでチェックして完璧な状態まで仕上げます。

6ヶ月間のサポートがある

作業完了後も6ヶ月間はサポート対応しますので何か不具合があっても安心です。

また、当方で他のお客様の対応をしている際に見つかった問題などがありましたら、全てのお客様にフィードバックさせていただきます。

短期的にも検索順位が落ちない

SSL化、つまりhttpsにすることで短期的に検索順位が一時的に落ちたり、あるいはアクセス数が減ってしまうと言う噂があります。

そこで、当方にて所有している4サイトを使ってこの問題については検証してみました。

結果は、順位の低下やアクセスの減少はありませんでした。

そもそも、Googleさん自体が「サイトを常時SSL化してください」と言っているのですから順位が落ちるなんて考えにくいわけです。

素人による不完全なSSL化では意味がない

前述の通り、SSL化作業は誰にでもできますが、それはあくまでも「https://」で表示できるようになるという段階までの話です。

実際には、その他の作業をきっちりしないと、サイトをhttpsで表示しても”警告”が残ります。

プロの作業と一般の方のやる作業の違いはここです。

完全に警告が消えたSSL化されたサイトにするためには、最低限の技術力が必要になるのです。

中途半端な設定のままだと、https化したつもりでも上記の図のように警告が表示されたままです。

そして、こういったサイトでチェックするとエラー警告が表示されます。

https://cryptoreport.websecurity.symantec.com/checker/

これをクリアしないとGoogleにはSSL化された安全なサイトとは評価されません。

だからといって、1ページずつ、ブラウザで表示しながら手作業で全てのページを調べながら修正をするのは現実的ではありません。

そこで、データベースで問題の箇所を一括で置換する作業が必要になるのですが、この作業がリスクが高くてPCが苦手な人にはとてもお勧めできないわけです。

また、予めバックアップを取ってから作業が必要になるなど、PC作業に慣れていないととても時間がかかって面倒な作業でもあります。

当方では、この”https化サービス”をご提供する前に、前述しましたとおり当方で所有する4つのサイトを使って既に作業を検証しております。

4サイトには同じ方法で一括データベース書き換えで古いリンクを書き換えました。

そして、上述したチェックツールでもチェック済みで、アクセス解析を調べたところアクセス数も減っていないことが分かっています。(つまり順位への悪影響はないと考えらます。)

つまり、PCが苦手な方は高いリスクと無駄な時間の浪費をさけるためにも当方に依頼してもらう価値があります。

なぜ検索順位が下がったりアクセス数が減らないと言えるのか?

これもすでに述べておりますが、当方が所有するサイトを4つ使って実証済みだからです。

もちろん、世の中に絶対はありませんから保証はできません。

ただ、だからといってSSL化作業自体はこの先避けられませんからいずれやる作業になります。

さらに、Google自体がSSL化を薦めていることを考慮すると、これが原因で順位が下がると考える方がおかしいと思われます。

ですから、Googleさんを信じるのであれば、仮に短期的に順位が落ちたりアクセスが減ることがあっても必ず戻ると言えます。

ちなみに、以下の図は4つのサイトでの実証結果です。

Googleアナリティクスでページビュー数をhttps化の前後で比較したグラフです。

青い線が、Afterつまりhttps化した後です。

オレンジの線は、https化をする以前の週です。

アクセスの多い、少ないに関わらずに、前後のアクセス数に大差がないことがわかります。(以下、アクセスの多いサイトから並べてあります。)

ITのプロである藤田にお任せ下さい

私はマーケッターであると同時にIT技術者です。

こういった高度な技術的作業こそ私にお任せ下さい。

  • マーケティングコンサルタントとしてのキャリア12年
  • IT技術者としてのキャリア15年以上
  • Webサイト立ち上げ実績40サイト以上、うちWordPressは20サイト以上
  • ライティング代行実績数(ランディングページ10サイト以上、ステップメール5ステップ以上)

将来絶対やらなければならない作業を先送りしない方がいい3つの理由

サイトのSSL化は将来的に避けられない作業であり、なおかつ”やるなら今”です。

なぜ、今なのか?その3つの理由は以下です。

(1) 気づいてから着手しても手遅れになる

 問題に気づいてから対応しても修復するまでには相当の時間がかかるためビジネスには大打撃です。

(2) 作業料金が高くなる

 高い必要性が生まれた状況では需給バランスから業者に足下を見られて作業代金が高くなります。

(3) 依頼先が見つからない可能性がある

 逼迫した状況になってパニックになっているお客さんの相手をしてくれる優しい業者さんが見つかる保証などどこにもありません。

ご依頼いただければあなたは何もしなくて大丈夫です

ご依頼いただいた後は、作業はすべて当方にて行います。

当方で行う作業の具体的内容は以下となります。

  • SSL化(レンタルサーバーで提供されている機能を実行するだけ)
  • htaccessファイルのリダイレクト設定
  • データベース書き換えによるURL書き換え(http -> https)
  • テーマファイルのURL書き換え(http -> https)全文検索置換
  • 全てのページの確認(ブラウザで表示しての確認)
  • 6ヶ月間の保証・フィードバック

つまり、全く何も作業をする必要がありません。

ただし、あなたのご依頼をお受けするには条件がございます

このSSL化作業は、今すぐにやらなくても短期的に大きな悪影響が出る作業ではありません。

確かに、Chromeブラウザの表示の問題は大きいかもしれませんが、将来に起こる大きな問題に比べれば大した話ではないとも言えます。

ですから、こういった緊急を要しない作業をするのには”決断”が必要になります。

仮に、あなたがこのタイミングを逸して、何年後かに問題が顕在化してから当方にご依頼頂いても私はあなたからの作業をお断りすることはないと思います。

ただ、今作業のご依頼をご決断して頂いた方とは明確な差をつけさせて頂きます。

本日から3日以内にご依頼いただいた方とそうでない方には料金面で大きな差をつけさせていただきます。

逆に言えば、今決断して作業することがとても重要だと私が思っていることの裏返しだと思ってください。

もう一つの条件

注文が多くて申し訳ありませんが、今回の代行サービスをお受けするにはもう一つ条件がございます。

それは、今回の作業は、無料SSLを提供しているレンタルサーバーをお使いのお客様に限ってご提供させていただくということです。

具体的には、エックスサーバー、ロリポップレンタルサーバー、バリュードメイン、などです。(以上が、現時点で当方で確認できているサーバーです。)

上記のレンタルサーバー以外のお客様の場合は、このタイミングでこれらのサーバーへの引っ越しをしていただけるようでしたら対応させていただきます。

ただ、引っ越しとなると大変ですがそれもご安心ください。

面倒な引越作業は、私の方ですべてやらせていただきます。

あなたは、新たなレンタルサーバーとの契約をしてもらうだけで大丈夫です。

後は私が全て作業を行いますからあなたは何もする必要はありません。

もちろん、引越作業はサービス料金に含めますので追加料金も発生しません。(かなりお得ですよね?)

料金

それでは、https化作業代行サービスの料金をお伝えします。

通常料金を98,000円(税別)と設定させていただきました。

ただし、上述の通り本日より3日間以内にご依頼をいただける”先送りをしないお客様”に対しては以下の料金で作業させて頂きます。

もちろん、手抜きなしの通常料金と全く同じ内容で4万5千円相当の特典(後述)も同様にお付けします。

特典をご用意しました

本サービスのご依頼をご決断いただくためのきっかけとしていただくために特典をご用意しました。

当方が提供しております、2つのオンライン講座をそれぞれ6ヶ月間無料でお使い頂ける権利です。

総額で4万5千円分の特典となります。

(1)WordPressオンライン講座

WordPressの操作が学べます。

詳しくはこちら

(2)PPC広告オンライン講座

Googleアドワーズを使ったPPC広告の基本が学べます

詳しくはこちら

ともに、メールサポートも付いています。

有料会員様と全く同様のフルスペックでのサービス提供となります。

6ヶ月間保証

既に述べていますが、作業完了後も6ヶ月間はサポートさせていただきます。

作業完了後の6ヶ月間は、SSL化に問題が起きましたら無料で対応させていただきます。

また、他のお客様の作業において新たな問題が見つかった場合は、その内容を速やかにフィードバックさせていただきます。

ご決断を急いでいただきたいもう一つの理由

焦らせてしまって本当に恐縮ですが悪気はないのです。

10月1日に間に合わせたい方は、9月15日までにご依頼をしてください。

10月1日に間に合わせたい方は、9月20日までにご依頼をしてください。(延期しました。)

10月1日とは、Chromeブラウザのバージョンがアップして”警告”表示が変わるタイミングです。

9月20日までにご依頼いただきましたお客様のサイトは、確実に9月末までに作業を完了させていただきます。

お申し込み・お問い合わせフォーム

まずはこのフォームからご連絡をお願いします。

フォーム送信していただいてもまだお支払いなどは確定しませんのでご安心ください。

何度か私とやり取りを行ってから契約確定となります。

※お問い合わせのみの場合もこちらから送信して下さい。

内容 https化(Webサイト常時SSL化)作業代行サービスのご相談お問い合わせのみ
お名前 (必須)
会社名
ご住所 (必須)
お電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
御社のホームページURL
その他ご連絡事項など

追伸

常時SSL化への対応は、私がオススメしているというよりは、Googleさんがそのようにしてくれとアナウンスしている話です。

そして、多くのレンタルサーバーで無料SSLが使えるようになりその環境は整っています。

また、Chromeブラウザでは、今もうすでに警告が表示されています、そして2017年10月1日にはさらに決定的とも言える警告が表示されます。

この警告が表示されるだけでもSSL化していないWebサイトへのユーザー様の信用はかなり下がるでしょう。

そして、もちろんこちらの方が重要な話でしょうが、今やっておけば将来のGoogleの検索順位低下のリスクを消すことができます。

また、すぐに得られるメリットしては、セキュリティ化によってアクセスユーザーに対して信頼感を与えることが可能です。

特に、お問い合わせフォームなどのフォームで情報を送信してもらっている場合にはとても有効になります。

逆に、もしこのタイミングを逃したらどうなると思いますか?

恐らく、あなたのサイトは他の多くのサイトがhttps化をしていないために順位が下がり始めたぐらいのタイミングで今回の件を思い出されると思います。

あなたは、そのタイミングで、この作業をやってくれる業者を探す自信がありますか?あるいは、自分でやる自信はありますか?

その頃に外注するとなると、かなり高額な料金を請求されるような気はしませんか?

また、仮に業者が見つかって適正な金額で遅ればせながらSSL化できたとしても検索結果の回復にはどれぐらいの時間がかかるでしょうか?

もちろん、時間が解決してくれればいいですが、時間が解決してくれるという保証はあるでしょうか?

事実、今の段階ですでにGoogleは常時SSLに変えて下さいと現段階でアナウンスしている訳です。(正式にはもっと以前の2014年から)

私の考えとしては、今回は出遅れによるデメリットは小さくないと思っています。

もちろん、一生やらないというなら話は別ですが、いずれやるつもりならタイミングは”今”だと言い切ります。

私が、限定割引料金をご用意している理由もここにあります。

このタイミングで行動されることを真剣にお考えください。

運営者情報

運営者名 藤田ひろし
所在地 東京都渋谷区東2−29−10−802
電話番号 050−3592−9676
メールアドレス fujitta★gmail.com(半角@を★にしています)
PAGETOP
Copyright © えびす商売繁盛マーケティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.