なぜSSL化を知らないとヤバイのか?

SSL化が音を立てて動き出している感じです。

ITの世界は数年に1回ぐらいでこういった動きが起こりますが今もその時期です。

数年前には”スマホ対応”がありました。

SSL化というのは、分かりやすく言えば「http」が「https」に変わることです。

私のサイトでしたら

ITの専門化によるマーケティングコンサルティング

ITの専門化によるマーケティングコンサルティング

になることです。

実は、当の私も自分のサイトをSSL化したのもつい先日です。

悪影響が恐くて手をこまねいていたのですが、さすがに「ヤバイ」と感じで行動しました(笑)

ところで、なぜ、音を立てて動き出していると感じたのかをお伝えします。

それは、廉価なレンタルサーバーであるロリポップさんに続いて、バリュードメインさんまでも”無料SSL”を提供し始めたからです。

ちなみに、エックスサーバーさんはちょっと前から無料SSLを提供しています。

他のレンタルサーバー会社は調べていませんが、まだ無料SSLを提供していない会社も追随するのは時間の問題だと思います。

今まで有料だったSSLが無料になった訳

”無料”ということは、逆に言えばこれまでは有料だったのです。

難しい話をせずにざっくり説明しますと、SSL化するにはそのことを証明してくれる会社が必要になります。

この証明がコストになるので、それをサービスとして提供してくれることでビジネスが成りたっていました。

金額は、証明書を提供してくれる会社やその証明の内容によって差があるのですが、大体1年で1万円ぐらいの費用はSSL化のためには必要でした。

つまり、「https」にするためにはこれまでそれなりの維持コストが必要だったのです。

それが、ほとんどのレンタルサーバー会社で無料で提供してくれるようになったのです。

大げさでなく大変革であり、時代の流れです。

さすが、ITの世界という感じがします。

ただ、なぜ無料になったのでしょうか?

それは、レンタルサーバー会社間のサービス競争が激しいからです。

他のレンタルサーバーが無料で提供してくれば、当然自社も無料で提供しないとサービス内容で負けてしまうということです。

市場原理が働いている訳です。

こういった面も、まさにIT業界という感じですね。

SSL化は必要なのは検索順位への影響

ただ、SSL化といって分かる人がどれぐらいいるのでしょうか?

まだ、ほとんど誰も分かっていないSSL化ってなぜ必要なのでしょうか?

一番の理由は、Googleさんが近い将来検索順位に差を付けるとアナウンスしたからです。(2016年の春頃

平たく言えば、SSLしたサイトは上位に上げて、していないサイトは下げると言うことです。

Googleさんは、これからのホームページ(Webサイト)は”常時SSL”にしてくださいと言っています。

もちろん、それ以前にSSLは暗号化のことですから、SSL化すればその本来の目的である”セキュリティアップ”のメリットが享受できます。

“s”の付いていない「http」では、ホームページの通信のやり取りは暗号化されていないので極端に言えばすべて情報を抜き取られる可能性があります。

ただ、抜き取られて困るような情報、たとえばフォーム送信の内容などはこれまでもSSL化されていました。

ですから、ほとんど実害はありませんでした。

それでも通信の内容が丸わかりというのは気持ちが悪いです。

それが「https」になると暗号化されるため、通信内容が漏れることがなくなるのです。

これが本来のSSLのメリットです。

ただ、現実的に困るのは”検索順位が落ちる”ことだと思います。

そして、この検索順位が下がる可能性があるというのがわかりやすいため、人を動かす理由にもなると思います。

もちろん、急に検索結果の変わることはないと思います。

ただ、今から準備しておいた方がいいと思います。

未だに、スマホ対応にしていないホームページも多々ありますがこちらは既に検索順位に差が付いています。

SSL化もスマホ対応と同じような流れで差が付いて来ることが予想されます。

少なくとも「難しそう」とか「わからない」などと思考停止になっている場合ではありません(笑)

私もSSL化をサポートするためのサービスを考えています。

近々、動画教材も作ろうと思っていますので、完成したらまたご紹介します。