データ使い切っても1MBの衝撃

思い切った固定費削減のご提案をします。

突拍子もないアイデアかもしれないので、話半分で聞いてください。

あなたの携帯料金とインターネット料金をまとめて月額2980円にすることができます。

例えば、現在、携帯に5000円、光回線に4000円払っている方なら三分の一に抑えられる計算になります。

コロナ不況に備えて、固定費削減を検討されているなら検討の価値があると思います。

もちろん、いくつか条件というか制限があります。

例えば、NetflixやHuluなどの動画サービスの利用環境が悪くなることを受け入れることです。

ただ、環境が悪くなるだけで、動画サービスが利用できなくなる訳ではありません。

では、具体的にどうすれば携帯料金とインターネット料金をまとめて月額2980円になるのかご説明します。

それは、携帯のプランを楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」あるいはUQモバイルの「スマホプランR」に変更して、光回線などのインターネット契約を解約するというものです。

解約後は、インターネット接続にはスマホのテザリングを使います。

ただ、テザリングに使うスマートフォンの種類によってテザリング接続台数の上限が変わります。

例えば、iPhoneならテザリングでの接続台数は5台までです。

そのため、宅内でいろいろな端末をネットに接続しているような場合は、今回ご紹介する方法はあきらめた方がいいかもしれません。

それでは、なぜ「Rakuten UN-LIMIT」か「スマホプランR」を使うとそんなことができるかをご説明します。

まずは、両者のプラン内容をご紹介します。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」2.0というプランの内容は、

・パートナー回線エリアのデータ容量が5GB/月
・データ容量超過後の通信速度が1Mbps
・通話かけ放題(条件あり)

※1年間は料金無料
※楽天回線だとデータ容量は無制限なのですが、楽天回線はエリアが狭いので基本的にはパートナーであるauの回線を使うことになります。

というものです。

この中の”データ容量超過後も1Mbps”が衝撃で、これに触発されたau(グループのUQモバイル)が同様の条件で出してきたのが「スマホプランR」です。

プランの内容は

・データ容量10GB
・データ容量超過後の通信速度が1Mbps

というものです。

両者とも、データ容量超過後も1Mbpsのスピードが出ることががミソです。

ご覧のとおり、両者ともデータ容量の上限があり、すぐに上限に達しそうなデータ量です。

ただ、超過後も1MB出るなら、大半の方の場合は、データ容量の上限は大した意味を持ちません。

それは、インターネットで高速なデータ通信が必要になるケースは実はさほど多くないからです。

代表的なのが、動画サービスをハイビジョンとか4Kとかで動画を観る場合です。

加えて、YouTubeで動画をアップしている人、とくに高解像度の動画をアップしている人です。

それ以外のインターネット利用において、1MBの速度が本当に出るならほとんど不便は感じないということです。

もちろん、本当に1MBのスピードが出るならです。

ところで、動画サービスの利用時はどれぐらい使い勝手が悪くなるのでしょうか?

ほとんどの動画サービスで必要とされている最低要件、最低通信速度は、0.5Mbps~1.5Mbpsです。

この速度で、動画再生は可能です。

推奨値は、3Mbpsですが、モバイル端末の小さい画面ならSD画質で高画質で観られます。

ですから、考えようによっては実用的な範囲とも考えられます。

それと、4人家庭で家族全員がそれなりにインターネットを使っているご家庭の場合は、この方法は使えそうにない気もします。

ただ、家族がスマホを個別持ちするなら、そうでもないかもしれません。

自分のネット端末は、自分のスマホでテザリングすれば家庭内にWiFiが必要ないという話になります。

さて、今回ご紹介した方法は本当に現実的な方法なのでしょうか?

やってみないとわかりませんが、本当に常時1MB出るなら可能性は大ありです。

また、楽天モバイルの電波が使える範囲ないにいるなら十分に実用的な方法になります。

もちろん、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」は、失礼ながら、まだ海のものとも山のものともつかぬ感じです。

UQモバイルの「スマホプランR」に至ってはサービス開始されていません。(6月から)

ただ、本気で固定費を削る気があるなら試してみる価値があるかもしれません。

ちなみに、DSDSスマホをお持ちなら「Rakuten UN-LIMIT」は1年間無料ですから試してみる価値はあります。

DSDSスマホというのは、SIMが2枚使えるスマホです。

iPhoneにもDSDSスマホはあるのですが、日本では使えません。

ただ、iPhone11以降なら、eSIMというのが使えるので「Rakuten UN-LIMIT」が使えます。