ITマーケティングコンサルタント・藤田ひろしのサイト

ネット集客の基本がSEOである理由(3回目)

  • 今日の動画の資料(クリックするとダウンロードできます。)
    動画をご覧になった後に、内容の復習にお役立てください。

コメントして頂きたい内容

(1) 今日学んで得られた知識。

(2) 自分でもお役立ち記事が書けそうと感じましたか?それとも、難しそうと感じましたか?また、その理由を書いてください。

コメントをくださった方へのプレゼント

今回ご紹介した記事自体とその構造を説明した構造説明図(PDF)

コメント入力について

コメントとお名前は公開されますので、お名前はニックネームをご入力ください。

メールアドレスは公開されませんが、プレゼントをご入力頂いたメールアドレスにお送りしますので正確にご入力ください。

また、コメントには全て返信をさせて頂きます。返信しましたらメールでお知らせしますので「コメントを送信」ボタンの上の「Notify me of followup comments via e-mail」にチェックを入れてください。

コメント

  1. S・O

    (1) 設定を具体的にどうするかの手順。 項目を書き出したら全てでした。

    (2) 自己的好き嫌いでブログを書いてましたので今は難しそうですが、
      項目を習慣化しスキルを上げて役立つ記事を書けるように努力。

     頭も固くなってきておりますが、分かりやすい説明なので進んでおります。

    • 藤田ひろし 藤田ひろし

      S・Oさん、今回もコメントありがとうございます。

      動画を積極的にご活用頂いているようでうれしく思います。
      感謝いたします。
      確かに、年を重ねるごとに頭が固くなってくるのを私も感じます。
      ただ、頭が固くなっていくのと同時に、自分のビジネスへの専門性の能力が上がってくるのも事実です。
      つまり、お客様は素人ですから専門家である私たちとの距離がどんどん広がっていくということです。
      このことに気づいているのとそうでないとでは天と地ほどの差があります。
      また、ブログで集客する際には、この事を意識しないと非常に結果が出にくいと思います。

      それでは、引き続きよろしくお願いします。

  2. ぼたん

    (1)
    ・CSS設定画面がないテーマの場合は「Simple Custom CSS」というプラグインを使う
     今使っているのはLightningとxeoryなので必要ありませんが今後のために覚えておきます。
    ・タイトルを決めるのに5案くらい考えて選ぶなど手抜きしないためのルールを守る
    ・検索ユーザーは急いでいるので最初に結論を書く
     (これは自分で検索する時のことを考えても実感です 笑!)
    ・画像に関しては撮影している側ですが、フリー素材も結構利用します。
     …余計なことで恐縮ですが、”ぱくたそ”さんは”ぱたくそ”と読み間違いやすいですが(私も最初間違えましたw)ちょっとかわいそうな響き?なのでできれば音声直してあげてください。

    (2)
    WordPressのCSS関連などは、まさに私も色々検索してwebデザイナーさんのブログなど沢山読みました。
    藤田さんのおっしゃる通り、初心者向けのわかりやすい記事はまだまだ少ないので、自分がわからなくて困った事などいずれ記事にできたらいいなと思います。
    ”お役立ち記事”のポイントは今回の動画でしっかり抑えられたと思います。

    • 藤田ひろし 藤田ひろし

      ぼたんさん、今回もコメントありがとうございます。

      ”ぱくたそ”さんのご指摘ありがとうございます(汗;
      完全に間違えていました。
      ちなみに「ぱたくそ」でも検索できてしまいます。
      表記の揺れとしてGoogleが吸収してしまっているのが微妙ですね(笑)
      次回のバージョンの動画では間違えないようしたいと思います。
      いずれにしてもお恥ずかしい話です。

      お役立ち記事で抜け出すには、他人には簡単にマネの出来ないレベルのリサーチをすることです。
      ちょっと調べるぐらいですぐに書けるレベルだと誰にでも真似できます。
      そういう意味でCSSの記事と言うのは書くのが難しいと言えますね。
      ぼたんさんもご自身のジャンルで他人には簡単に書けないところを狙ってください。

      それでは、引き続きよろしくお願いします。

  3. ぬぬんぱ

    (1)いつも画像探しに困るので、実際に見てみようと思いました。確かに要約は大事だと思いました。検索するときは私自身も急いで今すぐでも結果や答えが欲しい時です。藤田さんに言われて改めて納得しました。

    (2)できるような気がします。
    また、職場のホームページをどのようにあてはめようか。。。とも、少しワクワクしてます。

    • 藤田ひろし 藤田ひろし

      ぬぬんぱさん、今回もコメントありがとうございます。
      全ての動画にコメントいただけたことに感謝しております。

      見出し(目次)を使っている人はかなり増えてきていますが、要約を作っている人はまだほとんどいません。
      やれば必ず差が付く部分です。
      特にスマホユーザーの立場に立つと、長い文章を読むことは敬遠するはずです。
      今後はよりモバイルファーストで取り組んで下さい。

      お役立ち記事はまずは書いてみることが重要です。
      数をこなしてくるといろいろと気づくことが多くなります。
      すぐにアクセスが増えるという結果につながりにくいですが淡々とコツコツと続けることが重要です。

      これまで何度もコメントいただきましてありがとうございました。
      頑張って下さい。

  4. みかん

    (1) 今日学んで得られた知識。

    実際のWPサイトの構成が、判りました。
    見出しなどは、プラグインがあるのでしょうか?それとも、そう言ったデザインのテーマを選ぶのでしょうか。

    (2) 自分でもお役立ち記事が書けそうと感じましたか?それとも、難しそうと感じましたか?また、その理由を書いてください。

    運営しているサイトが、生活に密着した情報のサイトなので、書けると思います。
    今も書いていますが、もっともっと情報を盛り込もうと思いました。

    • 藤田ひろし 藤田ひろし

      みかんさん、今回もコメントありがとうございます。
      また、3回ともコメントしていただき感謝しております。

      さて、見出しについてですがプラグインがあります。
      「Table of Contents Plus」で検索してみてください。

      生活に密着した情報サイトの場合は、同じ情報でも使われるキーワードが異なることが多々あります。
      そんな場合は、キーワードおよびタイトルだけを変えて記事の内容はほぼ同じにして作るといいですよ。
      コピペはまずいですが、軽くリライトすれば同じような内容の記事があっても大丈夫です。

      以上、ありがとうございました。
      今後ともよろしくお願いします!

  5. HK

    ためになる動画をありがとうございます。

    (1)藤田さんやGoogle検索結果で上位表示できている人は、この動画のようにシステムとしてコンテンツの作成方法を持っているのがわかりました。とくに要約、タイトルの付け方が勉強になりました。

    (2)お役立ち記事を書いてみたいと思いました。きっと難しく感じたり、わからないところも出てくると思いますが、感性で書くよりもポイントを押さえている分、とっつきやすいからです。

    • 藤田ひろし 藤田ひろし

      HKさん、今回もコメントありがとうございます。
      3回ともコメントいただけて本当にうれしいです。

      要約とタイトルを是非実践してください。
      記事の本文を書いてしまうと、軽い燃え尽きになるので要約とタイトルは別の日に作るのがオススメです。
      私は最近は、一度寝かせて記事をもう一度読み直して少し修正をいれて、要約とタイトルを作るようにしています。
      どちらもエネルギーのいる作業なので、手を抜かずに作業するには日を空けて鋭気を養うのが得策です。

      お役立ち記事については、何度もお伝えしていますがユーザー目線が重要です。
      ついつい自分の主張したいことを書いてしまいますが、それをやってしまうと高確率でニーズにマッチしません。
      ユーザーのニーズは結構レベルが低いので、こちらが伝えたいことと違うのですがそこは割り切ってニーズに応えるしかありません。
      もちろん、将来的には私たちの伝えたいことを伝えるチャンスは訪れます。

      今後ともよろしくお願いします。
      ありがとうございました。

  6. RITZMEDIA

    お世話になっております。コメントさせていただきます。

    (1) 今回得られた知識

    [1]多くの方を惹き付けるため、より良いコンテンツを作るためには、これだけの手順を踏んで書き進めないと続かないのだと思いました。

    [2]記事の最初に要約を書いてしまう。検索エンジンが、記事を最後まで読みはしないというのは、知りませんでした。

    (2) 自分でもお役立ち記事が書けそうと感じましたか?
    書けると思います。
    仕事でも、簡単な原稿からお役立ち情報の記事を書くことがあるので、このテクニックを参考にしたいと思います。

    • 藤田ひろし 藤田ひろし

      RITZMEDIAさん、今回もコメントありがとうございます。

      Googleが評価しないのは、”誰にでも簡単にマネできること”です。
      逆に評価するのは時間と手間をかけて丁寧に作られたコンテンツです。
      丁寧なコンテンツかどうかを判断する技術は、今後も向上しますからもはやGoogleを”欺こう”という考えはナンセンスです。

      要約をお役立ちページの先頭にまとめてしまうのは、まだやっている人が少ないので差を付けられる部分です。
      ページ内見出しの目次を表記するのは一般的になってきていますが、要約は面倒なこともありまだまだやっている人は少ないです。
      それと要約はそのままページ説明文(description)にも使えます。
      ページ説明文がきっちり設定されているページの評価が高いのは昔からですから一石二丁になります。

      RITZMEDIAさんはお仕事からすでにお役立ち情報の執筆はご経験があるようですから問題なさそうですね。
      特にタイトルの付け方に注意してがんばってください。
      動画の中でもお伝えしましたが、タイトルは手を抜いてしまいがちですが絶対に手を抜いてはいけません。

      今回もコメントありがとうございました。
      3回の動画すべてにコメントいただけて本当にうれしいです。

      引き続きよろしくお願いします。

  7. えっちゃん

    ⑴ 実際に記事を書くときの手順が明確に分かった事。
    ⑵ 書けると思います。
    知恵袋でユーザーの解決したい事は具体的に調べられますし、日頃の業務で初心者の方から何度も似たような疑問を投げかけられているので、特定のキーワードごとであればあらゆるネタが沢山ある事に気付きました。
    慣れるまでは時間がかかりそうですが、この順序どおりにやっていけば、SEOもそうですが、何よりユーザーの求める充実した内容の記事が書けるようになると確信できました。

    • 藤田ひろし 藤田ひろし

      えっちゃんさん、今回もコメントありがとうございます。

      記事を書く手順が明確になったようでうれしく思います。
      後は実践あるのみですね!

      えっちゃんさんのように、日頃の業務からユーザーの疑問が把握できている場合は最初は知恵袋は使わなくても大丈夫です。
      把握できているユーザーの持つ疑問を、そのユーザーが検索解決しようとしたときにどんなキーワードを使うかをリサーチするのが最大のポイントになります。
      それがうまくいけば、確実に優良なアクセスが増えてきますし、ビジネスにもつながります。

      知恵袋は、ネタが切れてきてから使ってください。

      今後ともよろしくお願いします。

  8. ゆたか

    (1)
    タイトルが本文と同じぐらい重要なこと。5つも作れないかもしれないですが手抜きしないようにしたいです。
    (2)
    書けると思います。自分は業界のネタは結構知識がありますしユーザーの悩みも熟知しているつもりだからです。

    • 藤田ひろし 藤田ひろし

      ゆたかさん、今日もコメントありがとうございます。
      今日は即効で返信します(笑)

      タイトルを5つ作るのは確かに大変です。ただですね、最初は本当に時間をかけてそれぐらい作った方がいいです。
      ある程度慣れてきたら、もう少し手抜きしてもいいと思います。

      業界ネタには精通してらっしゃるようで心強いですね。
      アウトプットを始めると頭の中がさらにまとまるので今まで以上に業界情報に精通することになります。
      ロングテールSEOって、続けているといろいろな好影響が出てくるんです。
      頑張ってください。

      引き続きよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ログイン中の場合は、一度ログアウトしてください。お名前とメールアドレス欄が表示されます。

1回目

2回目

3回目

4回目

PAGETOP
Copyright © えびす商売繁盛マーケティング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.